お花見セットのペーパークラフトが無料でダウンロード

English Chinese Korean
ホーム ニュース 店舗情報 メニュー 贈り物 まんせいくらぶ お問い合わせ 採用情報
ちびっこあつまれ!まんせいくらぶ
   
ちびっこあつまれ!
まんせいくらぶ
まんせいくらぶって何?
ペーパークラフト
ぬりえコーナー
おりがみコーナー
かべがみダウンロード
ゲームコーナー
つくってあそぼうペーパークラフト

お花見セット のつくりかた

お花見セット完成見本

お花見セットダウンロード PDF147KB


【1】
「ネクタイはちまき」の(ひだり)(みぎ)は、それぞれはしを折(お)って貼(は)りあわせておきます。

【2】
貼(は)りあわせたら、「ネクタイはちまき(なか)」にのりづけします。それぞれの星(ほし)のマークがかさなるようにしましょう。
【3】
「さくら」はまんなかで折(お)って貼(は)りあわせてから、りんかくを切(き)りましょう。

【4】
切(き)りぬいた「さくら」を「ネクタイはちまき」のはなびらを目印(めじるし)にのりづけします。
【5】
「ネクタイはちまき」のたらす部分(ぶぶん)をひだりがわにのりづけします。

【6】
わゴムを写真(しゃしん)のように線(せん)に切(き)れこみをいれてつなぎあわせます。
【7】
「ネクタイはちまき」の完成(かんせい)です。




【8】
つぎに「ちょうネクタイ」をつくります。「ちょうネクタイ(わき)」のはしを折(お)り貼(は)りあわせてから、「ちょうネクタイ(なか)」にのりづけします。
【9】
まんなかのしろい丸(まる)にのりをつけて、「ちょうネクタイ」をとりつけます。



【10】
こちらも写真(しゃしん)のように線(せん)に切(き)れこみをいれて、わゴムでつなぎあわせれば完成(かんせい)です。



【11】
つぎは「めがね」をつくります。あるていど切(き)りぬいたら、まんなかで折(お)って貼(は)りあわせます。このとき、きりぬき部分(ぶぶん)はきりぬき、赤(あか)い線(せん)に切(き)れこみをいれておきましょう。
【12】
「はな」をくみたてたら「めがね」にのりづけします。






【13】
「おび」のはしを折(お)って貼(は)りあわせ、「めがね」にのりづけします。



【14】
「おび」に切(き)れこみをいれて、わゴムでつなぎましょう。



【15】
30cmくらいのたこひもを2本用意(ようい)します。はしにむすびめをつくったら、写真(しゃしん)のように穴(あな)にひもをとおします。

 
【16】
とおしたひものもう一方(いっぽう)のはしにもむすびめをつけたら、「とって」を貼(は)りあわせましょう。
【17】
鼻(はな)めがねならぬ、花(はな)めがねの完成(かんせい)です!

 

完成(かんせい)したお花見(はなみ)セットです。

このように装着(そうちゃく)します。

めがねのひもを引(ひ)くと目(め)の部分(ぶぶん)のフタがあきます。しめるときは手(て)でしめてください・・・。

さあ、飲(の)んで歌(うた)って日頃(ひごろ)の憂(う)さをはらしましょう。

お酒は20歳になってから。
豆知識(まめちしき)
 

【ネクタイはちまき】

日本人(にほんじん)がネクタイをするようになったのは明治維新(めいじいしん)のころ、日本人(にほんじん)が西洋文化(せいようぶんか)を取(と)り入(い)れたことがきっかけかと思(おも)われます。以来(いらい)、現代(げんだい)までサラリーマンを筆頭(ひっとう)に世(よ)のビジネスマン達(たち)はネクタイを締(し)めるのが一般的(いっぱんてき)なビジネススタイルとなっています。

しかし飲(の)み会(かい)の席(せき)では常(つね)に襟元(えりもと)を締(し)めているのも堅苦(かたくる)しいので、ついつい緩(ゆる)めたくなるもの。しゅるりとほどいてしまったネクタイ、そのままでは邪魔(じゃま)になるし、うっかり忘(わす)れてしまう可能性(かのうせい)もあります。そこで何気(なにげ)なく頭(あたま)に巻(ま)いてみると、なんとちょうど良(よ)い感(かん)じではありませんか!
また、頭髪(とうはつ)の少々(しょうしょう)さみしくなってきたお父(とう)さん方(がた)は、頬(ほほ)や首(くび)にあたるその感触(かんしょく)を、まだうるさいくらいにあった若(わか)かりし日(ひ)の髪(かみ)の毛(け)とだぶらせているのかも・・・。

巻(ま)き方(かた)としては、垂(た)らす部分(ぶぶん)を顔(かお)の前(まえ)にもってきてしまいますと、かなり視界(しかい)のさまたげになります。後(うし)ろにもってきてしまうと、その存在自体(そんざいじたい)を忘(わす)れてしまいそうです。やはり、ネクタイはちまきは、顔(かお)の横(よこ)に垂(た)らすのが正(ただ)しい巻(ま)き(かた)方かと思(おも)われます。

江戸時代(えどじだい)よりお花見(はなみ)のメッカとして知(し)られる東京(とうきょう)は上野公園(うえのこうえん)では、桜(さくら)の咲(さ)く時期(じき)には「ネクタイはちまき」のお父(とう)さん方(がた)を目撃(もくげき)できるかも知(し)れません。

前のページへ


HOME会社概要個人情報保護方針よくあるご質問サイトマップ
(C)Mansei Co.,Ltd. All rights reserved.